RECRUIT
採用Q&A

D-MAXで働くにあたって、
一体どんな人が向いているの?

さまざまな質問に、
会話形式でお答えします!

登場人物登場人物

  • アイコン TARO 00

    TARO

    高校生の男の子。
    将来について最近考え始めた。少し心配性。

  • アイコン HANA 00

    HANA

    大学生の女の子。
    明るく元気いっぱいで映像の仕事に憧れている。

  • アイコン KEN 00

    KEN

    会社員の男性。
    今の会社を辞めて、昔から夢だったテレビ業界で
    働きたいと思っている。

  • アイコン AD 00

    AD

    入社3年目の社員。アシスタントディレクター。
    夢は売れっ子ディレクター!
    面倒見が良いムードメーカーの男性。

  • アイコン SAIYO 00

    SAIYO

    入社?年目のベテラン社員。
    会社のことは何でも知っている採用担当の女性。

お仕事内容についてお仕事内容について

    • テレビ番組をつくる仕事って言われても、イメージできなくて……
      主になにをしているんですか?

    • まず、企画に添ったテーマを会議で出し合って、内容を決めます!
      それについてリサーチ(※)します!
      (※リサーチ:調べること)

    • パソコンを使って調べるんですね!

    • 半分正解!!でも半分不正解!
      インターネットに書いてある情報の中には『正しいもの』と『正しそうに見える間違ったもの』が混ざり合っています。
      ぼくたちは全国放送でその『正しい情報』を流すために、確認を何度も繰り返し行っています!

    • 大変ですね。

    • 大変です!
      でもこの作業を怠って適当に放送したら……その方が大変です。
      考えただけでゾッとします!
      なので、ぼくたちは「正しい情報を流す」ことに細心の注意を払っています。
      リサーチの後は、ロケに行き、その映像を編集してスタジオ収録へ向かいます!!

    • ロケ!聞いたことあります。

    • ロケで何時間もテープを回して、編集したら5分の映像になった。
      なんてよくある話です!

    • 5分!?華やかに見えるウラには地道な作業も多いんですね。

    • 地味な作業、細かい作業も多くありますが、ロケやスタジオ収録はやはり派手です。
      仕事が多岐にわたる分、メリハリがつくお仕事でもあります!

    • お仕事をする上で注意しないといけないことを教えてください!

    • たくさんあります!

    • なるべく詳しく知りたいです!

    • そうですね……
      まず、遅刻をしないこと!

    • ちょっと朝弱いかも……

    • この業界だけではなくどこの業界でもそうだとは思うのですが、
      遅刻をする人はまず信用してもらえません!

    • うぅ……耳が痛いです……
      30分前行動を心がけます。

    • 30分前行動は良い心がけだと思うけど、
      実際に待ち合わせに30分前に着くと、逆に失礼になってしまうこともあります!

    • え!?そうなんですか?
      早ければ早いほど良いと思っていました。

    • 例えばロケでお店にうかがうときなどは、早く行き過ぎると先方の準備がまだ整ってなかったりすると、急がせてしまうことになるんです。

    • たしかに「この時間に行きます」って言われたらその時間を目指して準備するかも。

    • そうです!
      仕事をする上で大切なことは「相手の立場に立って考えること」だと思っています。
      そう考えると、自然と遅刻もなくなりますよ!

    • 本当だ!すごい!

    • 「遅刻をすると信用を失ってしまう」って考えると緊張でドキドキしますが、
      「気持ち良くロケさせていただいて良い映像撮ろう!」と思うと
      自然と前向きな気持ちになりませんか?

    • なります!
      「相手の立場に立って考え」て、「前向きな気持ちで仕事をする」ことに注意を払います!

労働環境について教えて欲しい!労働環境について教えて欲しい!

    • 失礼かもしれませんが、ぶっちゃけ「キツイ」「汚い」「給料安い」仕事なんですよね?

    • たしかにウン十年前まではそうでした。
      家に帰れないどころか、眠れないし食事をとる時間さえないのが日常だったと聞いています

    • そうですよね。ありがとうございました。

    • でもちょっと待ってください!
      それは「昔の」話であって、今は全く違うんです!

    • ……

    • ……信じていませんね。
      まず「キツイ」ですが
      これは正直、キツイです。
      真夏の炎天下の中でロケをしたり、編集作業で徹夜をしたりすることもあります。
      でも徹夜作業や土日の作業があった場合は代休を取得できますし、メリハリのある仕事なので「ずっと忙しい」ということはないですよ。
      真夏の炎天下のロケのフォローとしては……社内に塩飴が常備されています!

    • 暑いロケから帰ってきたときに、給茶機で冷たいお茶も飲めるし、塩飴で塩分も補給できて……おかげで夏を乗り越えられています!!
      「ご自由にどうぞ」の塩飴さまさまです!

    • 思っていたよりは、マシかも?
      どの仕事もキツイところはあるし……
      次に「汚い」つまり「帰れない」ってイメージあります。

    • たしかに帰れない日あるかも。

    • ありがとうございました。

    • ちょっと待ってください!
      たしかに帰れない日もある、これは事実です。
      でも何日も帰ることができないわけではないんです。
      あらかじめ「あしたは深夜の作業だ」と分かっているので準備もできます。
      深夜にまで作業が及んだ場合は翌日の朝はゆっくり出勤することも認められています!

    • そそそ!そういう融通がきくところは働きやすいと思っています!
      (準備できても深夜作業は辛いけど!)

    • わかりました。(心の声が聞こえたような?)
      では最後の「給料安い」はどうなんですか?

    • お給料に関しては、高く設定しています!
      前述のとおり、このお仕事は少しキツイお仕事かもしれません。
      だからこそ、お給料は平均以上にお渡ししています。
      しかも、なんとその賃金に、社員には「住宅の補助」があります!(諸条件あり)

    • おおおお!手厚い!

    • 地方から働くために東京へ出てくるときは、会社の借上げの社宅に入居していただくことも可能ですので、安心・安全です。
      不動産を探して一日歩き回ることもなく、会社が用意した近くの物件に入居可能です。
      敷金礼金もすべて会社が負担します。

    • おおおおお!!すごく助かります!!

    • ぼくも最初はすごくこの制度に助けられました!
      地方から出てきて右も左もわからなかったので、本当にありがたかったです。
      いくつかのマンションやアパートから選ぶことが可能だったので、子どものときの夢だった「ロフト付きの部屋」を選びました!

    • イメージが変わりました!
      「キツイこともあって」
      「たまに汚くなることもあるけど」
      「賃金と環境が整っていて働きやすい!」

    • 仕事に集中できるよう、会社はバックアップしています!

    • ロフトは酔っぱらっているときは危険だって学びました!

    • (関係ない……)

    • (関係ない……)

    • 「派遣」として雇用されるんですよね?
      派遣って派遣切りとか、なんか不安です。

    • 「派遣」としてテレビ局などに行ってもらいますが、雇用形態は「正社員」です。
      なので、『派遣切り』と言われているものにあったとしても、月のお給料は保証されています!

    • それなら安心です!
      働かなくてもお給料をもらえるという仕組みなんですね!

    • 良いところに目を付けたね!!

    • そういうとらえ方も、できます。
      実際に番組が変わるときなど、半月ほどのリフレッシュ休暇を付与したりしています。

    • ぼくは2週間くらいお休みもらって、ゆっくり帰省しました!
      社会復帰できるか不安になるくらい満喫できました!

    • お休みが明けた後はどのような仕事をするんですか?

    • お仕事先はたくさんあるので、その時その時に本人のキャリア志向やライフワークバランスなどを考慮し、本人と相談のうえで配属先を決定します。

    • やってみたい番組に配属されるってことですか?

    • 100%ではないですが、可能性はあります。
      「やってみたい番組」へピンポイントで配属は難しいですが、ジャンルや方向性などを相談して、なるべく本人の希望に添うよう努力しています。

    • 自分のタイミングでステップアップが可能ですね。
      正社員として雇用されているので「帰る場所がある」って安心感もあるし、お仕事頑張れそうです!

会社の雰囲気や特徴が知りたい!会社の雰囲気や特徴が知りたい!

    • 仕事も頑張りたいけど、プライベートを全て犠牲にして働くのはちょっと……

    • プライベートを犠牲に?ひどい会社ですね。
      どこの会社を受けようと思っているのですか?

    • 御社です

    • え!!ひどい!!
      でも、当社ならそんな心配は無用ですよ!

    • 忙しい業界って聞いてます。

    • 確かに、忙しいです。
      ただその忙しさは永遠には続きません。
      すごく忙しい時と、余裕があるときの差が激しいかもしれません。
      そこには、良いところもあるんです。

    • 良いところ?どこですか?

    • 先輩社員に聞いてみましょう。

    • そうだな……
      自分の好きなタイミングでランチに出かけられるので、
      混雑しているお昼時を避けてゆっくりランチができる!

    • 限定10食のお得メニューをゲットできますね!

    • YES!
      夏休みも、一番混んでいる時期をわざと外して旅行することが可能です!

    • 閑散期に安く旅行に行けますね!

    • みんなが休んでいる時期に休めないのは辛いですが、その分嬉しいこともあります。
      唯一の問題は、一緒に行きたい他社の友だち等と予定をあわせにくい、ということです!

    • ひとり旅が好きなので問題ないです!ありがとうございます!

    • お!いいね!
      入社したら一緒に旅行しましょう!

    • ひとり旅が好きなので問題ないです!ありがとうございます!

    • (一緒に旅行できる仲間ができると思ったのに……)

    • 「こんな人が御社に向いている!」ってタイプを教えてください。

    • テレビや映像が好きな人!です。

    • それだけですか?
      「好きなタイプは好きになった人♡」って感じですか。

    • そんな感じです!

    • なるほど!

    • 真面目な話、社員の中には「好きだからこの仕事を選んだ」って人が多いです。
      仕事は仕事、生活のためお金のために働くっていうのはもちろんですが、「好きを仕事」にしている集団です。
      だからテレビや映像が嫌いだと、雰囲気になじめないかもしれません。

    • 「価値観の違いで別れる」って感じですね。

    • 『たとえ話がうまい人』も向いています!
      ぜひご入社ください!

    • 正直『制作会社』ってどこの会社も同じ感じの印象を受けてしまいます。

    • 全く違います!
      その1、正社員雇用で安定した収入!
      その2、収入は245,000円~!(※未経験)賞与は年に2回支給の高水準!
      その3、各種保険完備、退職金制度、年に1度健康診断アリの手厚い福利厚生!
      その4、地方からいらっしゃる場合は、借上げ社宅アリ!さらに会社が敷金礼金負担!
      その5、教育制度が整っているので、未経験から安心して学ぶことができる環境!
      その6、希望の番組へ配属されるチャンスがある!
      その7、先輩が優しい(自社判断)

    • 思っていたテレビ業界とは少し印象が違うかも。

    • 安心して制作の仕事に集中できるように、会社がしっかりバックアップをしています。
      疑問や不安は抱え込まずに、なんでも相談してください。

    • 就職したら、親孝行がしたいです。

    • 良い方法を知っています!

    • 初任給でプレゼントを買います!

    • ぼくもそれやりました!
      初任給の日にデパートで母ちゃんの好きな苺のケーキを……

    • それも良いけど、わたしも別の良い方法を知っています!

    • 初ボーナスで旅行に連れていきます!

    • うわっ!すごっ!
      それはまだぼくもやったことない!!
      素敵だなぁ~きっと母ちゃん喜ぶだろうなぁ~

    • それもとても素敵だけど、わたしも別の良い方法を知っています!

    • いつか有名プロデューサーになって、ラクさせてあげたいです!

    • わかる!
      ぼくもたくさん稼いでいつか母ちゃんに……

    • 全部素晴らしいですが、同じくらい親孝行になることを知っています!

    • なんですか??

    • なんですか??

    • スタッフロールに、名前がのります!!!!

    • ??

    • そうだ!それがあった!!!

    • 自分の仕事を家族に見てもらえることって、他の仕事だとなかなか難しいと思うんです。
      それが、この仕事なら「自分がつくったもの」を遠く離れて暮らす家族にも見てもらえるんです。
      たまに箸上げ(※)で手が映ったり、インタビュー時に声や後ろ姿が映ったりもします。
      (※箸上げ:カメラで食べ物をアップで撮影する際、食べ物を箸でつまみ持ち上げること。簡単なようで難しい)

    • ぼくも初めてスタッフロールに名前が出た時には親や親戚、地元の友だちからたくさん連絡がきました!

    • へえ!すごい!!!

    • 母ちゃんはいつも近所に自慢しているらしくてちょっと恥ずかしいけど……
      最近はディレクターがガッツリ映る番組も多いので、ダイエット中です!

    • 女性でも活躍できますか?
      力仕事とかも多そうで不安です。

    • 女性も多く在籍していますよ。

    • みなさんどんなお仕事をされていますか?

    • ……
      同じです。

    • 同じ?

    • 男性とか女性とか関係なく、ひとりの「人」として仕事をして、平等に評価されています。
      男性だからお給料高いとか、女性はお茶くみさせられるとか、そういったことはないですよ。
      性別によって仕事が分かれていないので、そういう意味ではLGBTの方も働きやすい環境だと思います。

    • そうなんですね!

    • はい。
      困ったことがありましたら、窓口がありますので、いつでも相談してください。
      それでも自分からはなかなか言えないって人もいると思います。
      ひとりで抱え込まず、話しやすい人に話してくださいね。

    • ありがとうございます!

就職・転職活動中のみなさまへ就職・転職活動中のみなさまへ

    • テレビのお仕事に興味があるけど、映像の勉強をしていません。無理ですか?

    • その心配は全く必要ございません。
      当社の社員で映像系の高校や大学、専門学校を出た者は10%以下です。

    • そうなんですか?

    • はい。
      技術はご入社いただいてから先輩たちが教えるので、安心してご入社ください。

    • 任せてください!ぼくが教えます!
      ぼくも入ったときは全くの未経験で、先輩が親切に教えてくれました!

    • それでも何か学んでおいた方が良いことってありますか?

    • やる気がありますね!頼もしいです!
      でも大丈夫です。それでもなにかやっておきたい!というのであれば学生生活を楽しんでおいてください。
      学生生活が終わり、あとは長い「オトナ期間」が始まります。
      オモシロイ人生を送っている人が、オモシロイ番組をつくる!
      勉強にアルバイト、友達との遊びの思い出などなど、ぜひ人生の引き出しをたくさん作ってご入社ください!

    • 一緒にオモシロイ番組、つくりましょう!

    • はい!

    • 正直、自分にできるのかなって不安です。

    • できます!

    • ……無責任に言いきらないでください。
      でも、どうしてそう言えるんですか?

    • ぼくも、入社したばかりの時は全くできませんでした。

    • え?そうなんですか?

    • 当たり前です!ぼくにだって若くかわいい時代があったんです!
      昔は何もできない自分を不甲斐なく感じた時期もありました。
      周りの先輩たちと自分を比べて「なんで自分はできないんだろう」って、落ち込んだりもしていました。
      でもそんなぼくに、先輩たちはとても親切に色々教えてくれたんです。

    • 先輩神

    • マジ神かってくらい優しく教えてくれました。
      なのでぼくも、後輩ができたら技術的な指導はきちんと行うよう心がけています。
      あのとき自分がしてもらったように、後輩には接したいですね!
      誰でもきちんと指導を受ければ、できるようになります。
      その指導は、ぼくたちにお任せください!!

    • ありがとうございます!なんだかできる気がしてきました!

    • 自分が何を仕事にしたいのかわかりません。

    • そういう人もたくさんいると思います。
      それでも「就職活動」をしないと周りから変な目で見られたりしますよね。

    • そうなんです!
      でも本当に自分が何をしたいのかわからなくて……迷走中です……

    • テレビ業界はどうですか?
      誰でも見たことがあるテレビですが、どうやって番組がつくられているかは実はあまり知られていません。
      大変だけれど、やりがいはあるお仕事です。
      昔は机の下で寝ているとか、椅子を繋げて寝ているとか言われていましたが、働き方改革で改善してきています。
      「スーツを着て仕事をしたくない!」
      「毎日同じ仕事をしたくない!」
      「満員電車に乗りたくない!」
      という人にもオススメの業界です。

    • 少し興味がわいてきた、かも。

    • どんな仕事がしたいか決めかねているなら、少しでも興味のある仕事をしてみてはいかがでしょうか。
      今までは見る専門だったテレビ、これからはつくってみませんか?
      職場見学にもお気軽にお越しください!

    • いままで全然違う仕事をしてきたのですが、未経験でも雇ってもらえますか?

    • もちろんです!
      テレビや映像が好きなら、業界に入る資格は十分です!

    • いままでのスキルは全く役に立たないですよね……不安かも。

    • 『無駄な経験』なんてひとつもないお仕事です!
      営業マンだった人は「プレゼン能力」や「コミュニケーション能力」が武器になるし、アパレル店員さんだった人は「見た目の印象」や「人の話を聞く力」が武器になるんですよ。

    • 見た目の印象って武器になりますか?

    • なります!
      不潔で不愛想な人よりも、清潔感があって爽やかな人がインタビューしたほうが、成功率が高いです!
      ドキュメンタリーなどで密着取材させていただくときなど、どれだけ取材対象者に信頼してもらえるかが重要です。
      短い時間で信頼関係を築くには、見た目の印象やコミュニケーション能力もとても大切なんですよ。

    • 今までやってきたことが、少し活かせそうです!がんばります!

    • 中途採用で活躍している社員さんっていますか?

    • います!

    • ぜひ詳しく教えてください!

    • 中途で入ってきた人の『武器』って、やっぱり「世間を知っている」ことだと思います。

    • 世間を知っている、ですか?

    • そうです。
      テレビ業界は「独特」と言われることも多い、意外と狭い業界なんです。
      学校を卒業してすぐにこの業界に入ると、この業界のモノサシでしか物事を見ることが出来ないって人も多くいます。

    • なるほど。

    • 「郷に入っては郷に従え」なのでそれが必要なときも多くあるのは事実ですが、やはり「世間的に」とか「一般常識として」とか、そういうことに疎い人間が多い業界でもあるんです。
      なので、中途で異業種からきたスタッフはそういう場面でとても頼りにされていますよ。
      たとえば……

    • はい!呼びましたか?

    • 中途採用で活躍している人の話をしてください。

    • 数年前、同じ歳の中途のスタッフが入社してきて、ぼくの下につきました。
      同じ歳でもぼくが先輩だから、最初はもちろん敬語使われていました!
      今は……何度も一緒に食事をしているうちに気付いたらタメ語になってましたけどね!
      そいつ礼儀正しいし、ビジネスマナーも完璧で、今じゃぼくの方が色々教わったりしています!

    • ビジネスマナーには自信があります!

    • 頼もしいですね!!
      また、ビジネスマナーに自信がなくても、それはそれで問題はないとも思います。

    • そうなんですか?(どっちだろう)

    • テレビ番組の数だけ、求めている特性もあるなって感じています。
      自分に合ったテレビ番組は必ずあるし、ないなら創ることができる!
      自分の興味のあることや感動したものを世界に向けて発信できるのは、このお仕事の醍醐味だし、そういう所が楽しくてこの仕事しています!

    • たしかに……楽しそうです!
      中途でも活躍できる人の傾向とかあるんですか?

    • 中途も新卒も、高卒も大卒も関係ありません。
      経歴や学歴は一切通用しない業界なので、正直「中途だから」活躍できる人という考え方はありません。
      何事にも好奇心と向上心を持って取り組める人だと思います!

    • ありがとうございます!

新しいこと挑戦してみたい方大歓迎!

新しいこと

挑戦してみたい方大歓迎!

少しでも気になった方は
お気軽にご応募・
ご相談ください

応募はこちら応募はこちら

応募フォームへ
ボタン ページトップへボタン ページトップへ